子ども虐待早期発見への地域拠点強化

2012年度、CAPセンター・JAPANは独立行政法人福祉医療機構の助成を受け、「子ども虐待早期発見への地域拠点強化」事業として、地域のCAPグループとともに、園・学校単位での教職員ワークショップの実施に取り組み、1,013人が参加されました。

私たちCAPは、行政の皆さんや先生方と連携・協働しながら、子どもへの暴力のない社会へ、明日への1歩を踏み出していきたいと思っています。

本事業の詳細は、以下の報告書をダウンロードしてください。
 
独立行政法人福祉医療機構2012年度助成事業報告書

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  • グッドゥ
  • 出版物・ツール
  • よくある質問
  • お問い合わせ