事業概要

6-2_image_centerCAPセンター・JAPANは、CAPプログラムに関するすべての権限を持つICAP(International Center for Assault Prevention)から認可を受けたCAPトレーニングセンターです。CAPセンター・JAPANが管轄するエリアは日本南部の32都府県です。

(北部エリアは、J-CAPTAが管轄しています。)

 

主要事業

1 人材育成事業(CAPプログラムを提供する各種人材の養成講座)
CAPスペシャリストの養成
CAPスペシャリスト対象研修
2 子どもへの暴力防止の為の研修/啓発事業
子どもへの暴力防止のための基礎講座
専門職研修
地域セミナー
3 CAPに関する情報提供及び相談事業
CAP活動/運営などの相談
各地のCAPグループに関する情報提供
4 CAPに関する広報事業と出版事業
ニューズレター発行
CCJブックレット発行
ホームページやFacebook、twitterによる情報発信
5 CAP実践後の効果と集計/分析
CAPプログラムに関するアンケート集計
CAPプログラム参加者や関わった人たちの声の蓄積
6 CAPに携わる個人団体との連携
CAPグループのネットワーク促進
子ども人権擁護分野の団体との連携
他のNPO/行政/企業との連携