これまでの集計

1997年からプログラム実践の集計を行っています。日本では、2017年度(2018年3月まで)までにおとな約204万人、子ども約340万人、あわせて544万人以上がプログラムに参加しています。