チャイルドビジョン

おとなと同じものを見ているようでも、子どもには違った世界が見えています。子どもだけに見えている世界を擬似体験することにより、子どもの気持ちを想像してみてください。見え方の違いは、感じ方の違いでもあります。

2-5-1_CV_image3

チャイルドビジョン

2-5-1-1_childvision子どもの視点をおとなが理解し、その見え方の違い・感じ方の違いを意識するためのツール 「チャイルドビジョン/子どもだけに見える世界・模擬体験メガネ」が完成しました。(制作者インタビューはこちら)「子どもにだけ見えている世界」、「子どもが持っている力はすごい!」という2つのミニ解説つきです。

 

CAP版チャイルドビジョンは、ダウンロードすることができます。また、厚紙A4サイズのものを出版物・ツールで頒布しています。

ダウンロード

出版物・ツール

 

チャイルドビジョンの作り方

1 まずは、ダウンロードしてください。
表面・裏面をそれぞれ片面印刷(両面印刷の場合はハガキ厚さくらいの紙を使用)します。
作り方1
2 表面(緑)、裏面(黒)をそれぞれ線に沿って丁寧に切って、片面印刷の場合は張り合せてください。 作り方2
3 切り込みを入れて、組み立ててください。 作り方3

 

チャイルドビジョンの使い方

使い方
チャイルドビジョンを組み立てて、手に持ち、膝立ちになって見てください。膝立ちになるとちょうど、幼児期の子どもたちの目の高さと同じくらいになります。さあ、幼児期の子どもの視点から見て、そして感じてみてください。

 

例えば・・・おとな二人組でこんなふうにしてみてください。

●横を通り過ぎてみてください。
●声をかけずに、前からドンドン近づいてください。
●子どもがおとなの顔を見るためには、おとながどの位置に立つとよいでしょう?

 
それぞれどんな風に見えましたか? どう感じましたか?

チャイルドビジョンのうた「ぼくの虹」

チャイルドビジョンのうた「ぼくの虹」。幼児期の子どもだからこそ、見える世界・感じる世界を歌に乗せて、幼児期の子どもたちの気持ちがたくさんのおとなに伝わる楽曲をお届けします。