レコーディングの様子

2014年9月に書類審査・オーディションを行い、子どもヴォーカルが決定。同年10月21日にこの取組に共感してくださったプロのアーティストの皆さんにご協力をいただき、レコーディングが行われました。

ドラムに島村英治さん、アコースティックギターに吉川忠英さん、ピアノには鬼武みゆきさん、ベースと作曲は勝誠二さん、という豪華なコラボレーション。子どもヴォーカルに抜擢されたのは小学1年生の五十嵐陽菜さん。作詞のさいとういんこさんも同席して、興奮のうちに楽しいレコーディングが終わりました。

完成した曲をぜひ一度聴いてみてください。“子どもの視点”があなたの視野を広げてくれます。頒布価格は1,000円(税込)。売上はすべてCCJの子どもへの暴力防止活動に役立てられます。

CDの頒布はこちら